2006年08月16日

麻雀クイズの別解 (解答編)

2006年8月4日の記事、「麻雀クイズの別解 (問題編)」の解答編です。

問題は、
ある人がリーチ。他の三人ともそのリーチが役満だと分かっている。四槓子、数え役満、オープンリーチでないとすると、どういう手か?
で、本に載っている答えは、
三元牌を三種とも暗槓した大三元
でした。

私が考えた別解は、一言では言えないのですが、簡単に言うと、見えていない残り枚数の少ない終盤ではリーチ者の手が役満しか考えられない状況が存在する、というものです。

具体的には、見えていない残り枚数が最も少ない場合は 16 枚です。それは、

  • リーチ者以外は裸単騎である。従って 3 人分の裸単騎の 3 枚が見えていない。
  • リーチ者以外のうち一人が 4 つ槓をしている。従って、王牌 14 枚のうち 5 枚がドラ表示牌であり、残り 9 枚が見えていない。
  • リーチ者がリーチした時点での山の残り枚数は 4 枚である。これが見えていない。

という場合です。これらを足して 3+9+4=16 (枚) となります。

そうすると、例えばその 16 枚が、
東東東南南南西西西白白白中中中中
であれば、リーチは字一色しか考えられませんし、
東東南西北白発中一五九(1)(9)159
であれば、リーチは国士無双しか考えられません。また、ツモり四暗刻も役満のリーチとして認めて良いならば、
東東東白白白六六六3337777
という場合は四暗刻しかありえません。

以上が答えの概要です。役満の種類と状況のバリエーションとを全て数え上げるには、上記ツモリ四暗刻のように確定していない状況も含めて良いか、また空聴リーチを認めて良いかによって変わってくるので、省略します (というか単に面倒なだけ)。また、上に挙げた残り 16 枚はもちろんきつすぎる条件で、もう少し増やしても大丈夫な状況が存在します。

あと、厳密にはリーチ者以外の 3 人は自分の裸単騎の牌が見えているので、見えていない枚数はそれぞれ 15 枚ずつとなりますが、これを利用した面白い状況はなさそうです。
posted by Y at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

麻雀クイズの別解 (問題編)

最近「麻雀検定―麻雀で脳力アップ!」を買ったのですが、以前近代麻雀三誌のどれかで読んだ時に、別解があるのに、と思っていた問題がそのまま載っていました。それは p.187 にある問題で、要約すると、
ある人がリーチ。他の三人ともそのリーチが役満だと分かっている。四槓子、数え役満、オープンリーチでないとすると、どういう手か?
という問題です。本に載っている答えは (反転して下さい)、
三元牌を三種とも暗槓した大三元
ですが、私が思った別解を考えてみて下さい。そのうちこのブログに書きます。
posted by Y at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

月刊近代麻雀ギャンブルCOM 休刊

近代麻雀ゴールドが近代麻雀ギャンブルCOMにリニューアルしたと思ったら、あっという間に Vol. 4 で休刊だそうです。多くの連載が中途半端な状態で終わってしまっています。

近代麻雀系以外の麻雀漫画雑誌は長続きしませんが、とうとう近代麻雀系の雑誌も三種類のうち一つが終わってしまうのですね (最後は麻雀専門ではないですが)。
posted by Y at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。