2006年07月29日

ゑびす (四つ木駅)

先日、京成四つ木駅から徒歩 10 分ぐらいの「ゑびす」に行きました。突然思い立って行ったため、場所が分からず、駅前にあった地図を見て行きました。行きはまず線路沿いを進んだのですが、人通りもなく非常に怖かったです。後ろから二人乗りのバイクがやって来た時は特にどきどきしました。帰りはバス通りから帰ったので大丈夫でした。

「ゑびす」は下町酒場で、客層は地元のおじさん達がメインです。メニューは非常に多く、一品の値段は安いです。携帯 Google で調べた時に書いてあった「古漬け」を最初に頼んだのですが、ニンニクが混ぜ込んであって美味でした。その他カワハギの姿造りや天ぷら盛合せ等を食べました。いずれもコストパフォーマンスは良かったです。
posted by Y at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

タージマハール蒲田店が閉店していた

先日、出張の折に蒲田のカレー屋タージマハールに寄ったのですが、閉まっていました。そういえば閉店したという噂を聞いたことがあるような気がしたので、帰ってからネットで調べたのですが、やはり本当でした。しかも閉店の理由が、マスターが亡くなったからとのこと。合掌。

タージマハールは、私が最も好きなカレー屋でした。スパイシーで深みのある、さらさらしたカレーです。蒲田に行く機会があるとほぼ毎回のように食べていました。

息子さんがやっている新橋店はまだあるようなので、近いうちに訪店したいと思います。
posted by Y at 19:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

WPC日韓ホールデム大会 in Seoul (二日目トーナメント編)

更新をさぼっていますが、WPC日韓ホールデム大会 in Seoul (一日目ライヴ編) の続きです。

二日目のトーナメントの前にプチ幸せが。トーナメント開始まで暇だったので W500 で出来るポーカーで遊んでいました (倍々ゲームが付いてるやつ)。何分か遊んでいると、A のフォーカードで 160 倍が当たりました。日本円にして一万円ぐらいですが、非常に嬉しかったです。ちなみに、一日目にもプチ幸せのような出来事がありました。出発前に近所の薬屋でいろいろ買い込んだのですが、「お釣り」が 1,110 円でした。しかしこれの意味するところは…。読み進めば分かるでしょう。

さて、トーナメントの話を書きます。

まず、ボタン決めに驚きました。私の手前で Kd が出て、上のカードが出ろと念じていたら、私の後方で、Ks が出ました。ラッキーと思っていると、ディーラーは残りのカードを回収して、キング二枚だけ残しています。もしかして、と思っていると、キングの二人にさらに一枚ずつカードを配りました。Casino War のようにボタンを決めるということです。テーブルにいたもう一人の日本人 Ta 氏と目が合ってお互い苦笑です。ちなみに、他のテーブルでは別の決め方もあったようで、ファーストエースがボタンというテーブルもあったようです。

一ハンド目。ブラインド 1/2 (単位を良く覚えていないので最小単位で書きます) です。アーリーからミドルぐらいのポジションで AdKd が入りました。一人リンプインの後、8 にレイズ。すると、後ろの白人とブラインド二人とリンパーがコールして五人でフロップです。フロップはローカード三枚 (うち、スペードかクラブ二枚)。チェックで回ってきたのですが、ベットする勇気はなくチェック。すると、後ろの白人がベット 8、と思いきや、少し手前で 4 枚ずつ数え、4 枚ずつ前に出しました。少し迷っているうちに後三人はフォールド。で、やっぱり気になったので、それはストリングベットじゃないの、と誰にというわけではなく聞いてみました。少し議論のようなものがあり、結局ストリングベット扱いになったのですが、険悪なムードにはならず良かったです。とはいうものの、ベット8 を 4 に変更させてしまったので、ついついコールしてしまい、ターンは三枚目の色が出て、ベットに降りました。

さて、それから何ゲームかした後、問題のゲームです。私はボタン、一人か二人リンプインで回って来たので、T9o でコールしました。フロップは、
T 9 6 (with two hearts)
です。先ほどの白人がブラインドからベット 4、次の日三位になる韓国人がコールです。それに対して私はトップツーペアで 20 にレイズ。白人が降りた後、韓国人が考え始めます。数十秒考えた後、オールイン (90 ぐらい) してきました。冷静に考えればイージーフォールドな局面ですが、私はこれにコールしてしまいます。アホです。ターンとリバーは当然のように何も起こりません。

ここで問題です。彼のハンドは何だったでしょうか?

このゲームで致命傷を負った私はその後二回オールインし、二回目のオールインで AA に捕まり終了しました。一飛びです。

あまりに早く飛び過ぎたので、観光に行く人たちがまだ出発しておらず、私はこれに合流しました。この話はまた後ほど。
posted by Y at 19:25| Comment(3) | TrackBack(0) | ポーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

1378 回に 1 回

昨日のエベレストポーカーで中盤 (2 テーブル) での出来事です。

私はカットオフ (ちなみに前のゲームで BB が飛んだので、このゲームはブラインドは BB しかいません)、ハンドは 33 です。ポジション、チップ状況を鑑みて、レイズするには十分なハンドです。

さて、ハンドが真っ黒な 33 であることを確認した私は、チップの方へ手をやろうとして…。


ん?


もう一度ハンドを確認します。

一枚目…。3c です。

二枚目…。あれ?

もう一度一枚目を見ます。クラブの 3 です。

何回か目を往復させます。





3c3c キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!





問題: さて、アクションは?
(1) 何食わぬ顔してフォールドする。
(2) 何食わぬ顔してコールかレイズする。
(3) ハンドをオープンする。
(4) フロアを呼ぶ。


私が取った行動は、4 のフロアを呼ぶをしようとして、それはだめだよと言われて、しょうがないので 3 のオープンするをしました。

デッキを確認すると、他のカードが代わりにないわけではなく、3c が 2 枚の 53 枚でした。後で聞いた話では、この日新品を開けたデッキであり、つまり不良品だった、ということだそうです。

3c を抜いてゲームを再開した後、教授が本を調べていらっしゃったのですが、バッドデッキが判明した段階でプレイしているゲームはノーゲームとなるそうです (でもショウダウンまで行ったら残っている人だけで分ける (?) そうです)。あの状況で具体例を言わずに質問するのは難しくてハンドをオープンしてしまったのですが、別に間違いではなかったということでしょう。
posted by Y at 10:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ポーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

銚子屋 (京成小岩駅)

先週の日曜日の夜は銚子屋に初めて行きました。この飲み屋は朝から開いている珍しい店です。店の中には古いカラオケ機器 (with 太さの良く分からないたくさんのテープ) があったりして、昭和の雰囲気を醸し出しています。

いろいろと注文して食べましたが、焼き魚 (鱈汐焼) と煮魚 (アコウダイ煮付) がおいしかったです。特に煮魚の大きさにはびっくりしました。

ちなみに、カウンターの隣には焼酎 (の水割り? お湯割り?) を十数杯飲んでいるという女の方 (年齢不詳、結構若くも見える) がいらっしゃって、豪快な雰囲気でした。
posted by Y at 23:49| Comment(0) | TrackBack(4) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

千とせ (千日前)

関西方面に出張だったので、前々から行きたかった千日前の「千とせ」に行きました。今年の正月の帰省時に行った時は年始のお休みで入れなかったので、今回が初めての訪店です。

この店の名物は「肉吸い」。かつおだしに牛肉のこま切れたくさんと卵一個が入ってネギが散らしてあります。私は直前に注文した人にならって「肉吸い豆腐入り (とごはん小)」を頼みました。その後の人たちの注文を聞いていると、「肉吸い小玉 (= 肉吸いと、卵かけごはん小)」というのが標準的な頼み方のようです。

さて、肉吸いはほとんどの人が注文する品なので、注文したらすぐ出てくるのかと思ったら、結構 (5 分ぐらい?) 待たされました。注文ごとに肉を入れているのかな??  で、出てきた肉吸いですが、味はおいしいのですが、塩分が強すぎると感じました。だしを全部飲むのはきついです。テレビで見たのを家で見よう見真似で作ったことが何回かあるのですが、個人的には家の方がいい感じです。

ちなみに肉吸いは、花紀京が二日酔いの時に「肉うどんの肉抜き」を注文したのが始まりだと言われています。花紀京は私が幼稚園か小学校低学年のころの吉本新喜劇のスターで、土曜日の昼だったか日曜日の昼だったか、花紀京と岡八郎を看板とする新喜劇をテレビで見るのが楽しみの一つでした。新喜劇の内容自体はほとんど覚えていないのですが、番組の最後に新喜劇の舞台上で花紀京が岡八郎にひっかけクイズ (今でいう IQ サプリやサルヂエ的な問題) を毎回出していたのを良く覚えています。例えば「木へんに赤でリンゴ、(果物系のネタフリがもっとあったと思うのですが忘れました)、では木へんに黄は?」という問題を花紀京が出し、岡八郎がうんうん唸った後、花紀京が正解を言ってやり込めるというのがパターンでした。
posted by Y at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

WPC日韓ホールデム大会 in Seoul (一日目ライヴ編)

Ma 氏のご好意で、先週末は韓国に行くことができました。何回かに分けてレポートを書きます。

一日目、空港のレストランで JPPA の方々と合流でき、出国は一緒だったのですが、手荷物検査で私だけ引っかかりました。
「Y です」
どうやら手に持ったビニール袋に入っていたペットボトルのお茶 3 本がまずかったようです。Be 氏が聞き間違えて「ワイン?」と言うのにつられて私も「ワイン? ワイン?」と言っていると、係員が少し怒った口調で「Y です」と言い、チェックする機械を通しました。そうこうしているうちに遅れてリュックサックが出てきたのですが、
「もう一回通してもいいですか?」
はい? まあ、特にやましいこともないので「あ、いいですよ」と言って通してもらったのですが、今度は、
「K です」
何か X 線に写ったようです。係員と一緒にごそごそ中を探っていると、出てきました、カッターナイフ。当然のようにボッシュートです。おかげで JPPA の方々にはミニテロリスト扱いされてしまいました。

さて、ホテルについた私たちは、Bl 氏の提案で少しライヴをするか、ということになったのですが、カジノにあるチップの関係で、$10/$20 (W10,000/W20,000) と私にとっては生まれて始めてのリアルライヴで少し高めのレートになってしまいました。レートが高いのでタイトになるかと思いきやプチズタな自分にびっくり。

しかし、そんなことは大した問題ではなくて、ディーラーの一挙手一投足にプレーヤー全員が注目してドキドキするという、恐ろしいゲーム展開でした。いい酒のツマミになると思うのでここには全てを書きませんが、何が起こったかいくつか挙げてみると…。
  • いきなり一ゲーム目、確かポットを取った Ch 氏が、「このカード欠けてるよ」。プラスチック製なので端が欠けていたようです。当然のように別のニューデッキ、と思いきや別の使用済デッキを出し、裏向きに二列にカードを広げ、シャッフルに入ります。あれ、もう一つやることありますよね? 結局そのまま続行しました。

  • 途中、ディーラーが何回か変わったのですが、あるディーラーの時に Ku 氏が「シャッフルしないの?」とツッコミ。それまでのディーラーもシャッフルの回数が少なかったのですが、とうとうこのディーラーは掻き集めて揃えてカットしただけで終了です。しょうがないので Bl 氏が標準的なシャッフルの方法の講義をしました。

  • 両替をポットでせずにディーラーの手元のチップ入れのチップでします。レーキは W5,000 なのですが、SB が降りないとポットには W5,000 チップがないため、レーキを取るたびに手元のチップで両替をします。しかし、ラッキーなことに、私がポットを取ったある時、ディーラーは W5,000 チップ 2 枚を出し、W10,000 チップ 1 枚と W5,000 チップ 1 枚を下げるべきところを、W5,000 チップ 1 枚だけを下げて残りを私にくれました。その時はあれと思って半信半疑だったのですが、あとで他の人に確認したところやっぱり間違っていたようでした。まるで両替詐欺です。

そうこうしているうちに、2 時 か 3 時ごろにはほとんどの人はテーブルを去り、JPPA の会員で残っているのは Ma 氏と私だけのショートテーブルになりました。私も辞め時だったのですが、何人か新しい人が入ってくるので、席を立てなくなってしまいました。結局 5 時ぐらいに疲れて辞めたのですが、ショートテーブルになった頃のチップ量からほぼ変わらず少し浮き。なかなかうまくいかないものです。
posted by Y at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ポーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

らーめん天神下 大喜 (湯島駅): 冷やしとりそば

先週の木曜日だったか、夕飯を大喜で食べました。いろいろなランキングで上位になったり、テレビで取り上げられたりすることが多いです。ランチや夜の混雑時には行列ができます (テレビでランキング上位になると行列が伸びます)。

この店は塩ラーメンというか和風ラーメンというか、「とりそば」「うめしおラーメン」が有名です。久しぶりに行ったこの日は「とりそば」を食べようと思っていたのですが、季節限定、数量限定の「冷やしとりそば」というメニューがあったので、これを食べてみました。

詳細はググって他の方のブログを見ていただければいいと思いますが、温かいとりそばに比べて少し濃い目の味つけに感じ、具には鶏の挽肉とオクラ等が入っており、端っこにレモンが添えられていました。さすが大喜、おいしいとは思いましたが、個人的には冷たいラーメンは、つけそばや冷やし中華も含めてあまり好みではないな、とも思いました。
posted by Y at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

6/10 JSOP No Limit Hold'em Championship と 6/11 WPC 日韓ホールデム大会 in Seoul サテライト

JSOP の方は 3 位、WPC サテライトの方は 2 位でした。成績だけ見ると良い結果に見えますが、どちらもチップリーダーの時間が長かっただけに、不満な結果です。目立った駄目オーラもありませんでした。チップリーダーの時のプレイ、人数が減ってからのプレイに最も課題があると考えています。WPC サテライトのファイナルテーブルの途中で masa9 氏に次のようなことを言われました (尤も本人の意図は違ったようですが)。

M: 「yutaka さん良くファイナルテーブル残っていますよねえ」
Y: 「そんなことないですよー」
M: 「4 位か 5 位ぐらいに」
全員: (大爆笑)

WPC サテライトは 2 位でしたが、韓国に行くことになりました。ありがとうございます。

posted by Y at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ポーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「雲は白リンゴは赤」PV 撮影に参加

先週火曜日 (6/6) は、「雲は白リンゴは赤」の PV 撮影に参加するために Zepp Tokyo に行って来ました。今までライヴのチケットを取るのにヤフオクで苦労していたのでその労力を軽減しようとファンクラブに最近入ったのですが、ちょうど運良く会員限定のこのイベントがあり当選していまいました。お客さんを入れて PV を撮影するのは初めてのようです。以下簡単なレポートです。

[集合]

Zepp Tokyo 前に 13:00 集合でした。少し遅れたのですが、みんな立って待っていて何も始まっていませんでした。程無く整理番号順に呼ばれ入場です。私は 400 番台後半とあまりいい番号ではありませんでした。整理番号は 550 番ぐらいまでありました。来ていない人もいるので参加者は 500 人ぐらいかな? Zepp Tokyo のキャパからするとかなり少ない人数です。分母は分からないですが、いずれにせよ幸運であることは確実です。受付で会員証の提示と本人確認が行われ、その後 aiko からの手紙が渡されました。

[入場]

荷物をロッカーに入れるのに手間取ったため、会場内に入ったのは最後の方でした。会場の前半分が幕で仕切られていて、後方にはカメラ用のレールが半円形に敷いてありました (何回目かの後にレールは撤去されました)。私はそのレールの直前、左後方に位置取りました。

[1 回目]

14:00 開始予定でした。時計を見ていないので分かりませんが、ほぼ予定通りに始まったと思います。スタッフの説明の後、バンドメンバーが入場しました。覚えていなかったのですが、他の方のレポートによると、1 回目はイントロと同時に aiko が登場しました。曲が終わると少しトーク、その後プレビューのため退場です。その間暇な待ち時間でしたが、途中でプレビューしている aiko の声が会場に流れました。

[2 回目]

2 回目の後は、キーボードのたつたつさんのトークがありました。小学生の娘二人の運動会に行った話がありました。

[3 回目]

3 回目の後、全員外へ出されました。セットチェンジのためです。前の方にいた人は不満でしょうが、後ろにいた私にとってはチャンスです。

[再入場]

とはいうものの、それほどの図々しさを持ち合わせていなかったので、前から 5, 6 列目中央付近にしか位置取れませんでした。でも先ほどと比べたら大きな進歩です。スタッフの人から、「今度はクレーンカメラで客席を撮ります」「絶対カメラを見ないこと」という説明がありました。

[4 回目]

前の方なんて初めてなのでびっくりしました。曲が始まるとまともに立っていられません。中央にいたはずなのに、右側の柵のところまで流されました。また、先ほどの説明にあったカメラが、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」が出来そうなぐらい頭上をかすめていました。

[5 回目]

プレビューのための退場もなく、すぐに次のテイクを取り始めました。私は体力的な限界から少しずつ後ろに下がって行きました。

前方の客とタッチしているうちに aiko が指輪を落としたらしく、お客さんに探してもらっていました。一旦引っ込みかけた時に見つかり、あわてて戻ってきました。

5 回目の後は、ドラムのますけさんとギターのひろのしんさんのトークがありました。確か、ますけさんの方は客席からの質問形式で、ひろのしんさんの方は客いじりでした。ますけさんは、「aiko の好きなところは?」の質問に口ごもり、裏から aiko に突っ込まれ、「たくさんありすぎて」と答えていました。

[6 回目]

先ほど 2 人のトークがあったのも、配置替えで時間がかかったからで、6 回目からは後ろの方の人たちの位置が変わっていました (前の方にいたので詳細は良く分からない)。

[7 回目]

6 回目と 7 回目は連続撮影でした。7 回目の前に aiko がアカペラで「イジワルな天使よ世界を笑え!」のお約束の部分を唄いました。

[8 回目]

右側にあった柵が取られ、8 回目の前に先ほどの後ろにいた人たちが右側に移動しました。前に来られた女子は感激していました。

8 回目の後にベースの方のトークがありました。レギュラーメンバーではない方で、しまづ (島津?) さんという方です。「ロージー」「かばん」の PV でギターを弾いているらしいです。

[9 回目]

9 回目が終わるとまた全員外に出されました。16 時終了予定でしたが、この時点で 17 時を過ぎていました。3 回目後のセットチェンジより待ち時間は長かったように思います。みんな疲れがたまってきているようで、床に座っている人たちも多かったです。

[再々入場]

そんなに頑張ったわけではないですが、約 5 列目右寄りあたりに来ました。

[10 回目]

私の後ろにいた男子がうまく前の方に紛れ込んで行っていましたが、私は最初の立ち位置からほぼ変わらず。手が届きそうで届かない距離でした。

[11 回目]

これで最後の撮影ですという説明があって 11 回目が始まり、終了しました。aiko 退場後、この日のためにマスタリングを間に合わせたというカップリング曲「シーソーの海」「まつげ」が流れました。「シーソーの海」はボサノバ調の曲、「まつげ」はスローなバラードです。

[終了]

16 時終了予定でしたが、結局終わりは 18:30 ぐらいになりました。楽しかったですが疲れました。PV 撮影現場なんて普通見ないので、貴重な体験でした。

[その他]

・当然と言えば当然ですが、手パク口パクでした。アンプは電源も入っていませんでした。ドラムもミュートしてありました。トークするのでマイクは入っていましたが、歌は少し歌っているような歌っていないようなという感じでした。

・衣服にネズミの絵等が描いてあるとまずいらしく、映りそうな場所にいる人は、他の人と場所を入れ替えられていました。

・スモークを焚くため、曲が始まる前と曲中は冷房なしでした。曲が終わると冷房がすぐ入りました。

・ペットボトルが飲み放題でした。ただし、中には持って入れないため、退場時にロビーで飲むしかありませんでした。セットチェンジのたびにみんな新しいペットボトルを飲むので、終了時には大量の空きペットボトルがゴミ箱に入っていました。

・曲が終わると、スタッフの人に止められるまでトークは尽きませんでした。たかじんか aiko かと言われるだけのことはあります (←関西人限定ネタ)。

・「雲は白リンゴは赤」を何と略すべきかという話が出ました。ファンの子が「イジワルな天使よ世界を笑え!」を「イジ天 (いじてん)」とか、「オレンジな満月」をちょっと卑猥な響きの「オレ満 (おれまん)」とかに略しているけど、新曲はどうなるのかなという話です。「くもりんご」「くもりん」「しろりんご」「しろあか」「こうはく」「ピンク」等、次々と候補が aiko 本人や客席から出されましたが、結論は出ませんでした。

・タイトルの意味についての質問があり、カップリングも含めて 3 曲とも教えてもらいました。「雲は白リンゴは赤」は、雲は白色でリンゴは赤色なのは当たり前で誰でも知っているけど、それぐらいあたしはあなたのことが好き、という意味らしいです (細部はちょっと違うかも)。あと 2 曲は記憶があやふやなので書くのはやめておきます。

・ファンの子のことはちゃんと覚えているよという話になり、ある男子を指差して、以前スーツでライヴに来てくれたことあるよね、等しゃべっていました。

・何回もやるうちに、歌詞中の「会いたい会いたい会いたい」のところをライヴでみんなに振ろうと言っていました。
posted by Y at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | aiko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。